良い大人のドラゴンクエストウォーク

集え!ドラクエWを本気で楽しむ者たちよ!!

【DQW】フレンドを楽に増やす方法・フレンドのメリット【考察⑥】

f:id:yomuotoko:20190928224905j:plain



今回はちょっと寄り道!

フレンドを増やす方法とそのメリットについて考察するぞ。

できるだけたくさんの地域のフレンドを作る方法をシェアしようと思う。

じゃあ↓が今回のお品書きだ、すきなとこから読んでくれ!

 

フレンドを増やすメリット

お土産交換

DQWは通常のRPGに加えて『位置ゲーム』という要素がある。

だからGPSを用いて各地の“名産品”をコレクションする『お土産交換』という遊び方があるんだな。

フレンドシステム自体は、現段階で攻略に直接の影響は無い。

が、今後はわからないよな?

 

今後予想されるメリット 

例えば、〇〇地方のお土産コンプリートで『パーティー全員の攻撃力に◆%のボーナス』だとか『戦闘後にパーティーメンバーのMPが▲%回復』なんて特典がもらえる仕様になるかもしれないだろう??

 

メガモンスター討伐も現状はその場にいる人だけで討伐となるが、至適レベル50以上なんてメガモンスターが実装されれば、過疎地域ではソロ討伐になる可能性だってあるよな?そんな時にフレンドに討伐依頼を出せるシステムが必要になって来るだろ?

 

それじゃあ次に、フレンドを増やす方法とおススメテクニックを紹介するよ。

 

フレンド追加方法

フレンド追加の方法は3つ

  1. お宅訪問で申請
  2. ID指定申請
  3. 申請受け

お宅訪問で申請

お宅訪問で申請する方法は、こちらから直接自宅に訪問して申請する方法だな。

自分の行動範囲でしか申請できず、『お土産交換』を念頭に置いた場合は非効率的な方法だと思う。

旅行先・出張先で申請するのが良いだろうな。

 

ID指定申請

SNSやフレンド募集の掲示板にアップされたIDを指定して申請する方法だ。

↓こんなカタチで掲示板にアップされた情報を探してみよう。

 gamepedia.jp

デメリットとしては、人気のアカウントは既にフレンド募集がいっぱいである可能性があるってことだな。

 

申請受け

1番目の方法を自分が受ける側になる方法だな。家を公開して、そこに訪問してくれた人から申請をもらうんだ。

 

メリットとしては受け身だから申請を待つだけで良くて楽だという事。

デメリットとしては過疎地や住宅地ではなかなか申請されにくいという事。

 

幸いなことに、どんな場所(空港でも病院でもO.K)にでも引っ越しできる。できるだけたくさんの人が来てくれるところに引っ越すのがおススメだぞ。

 

フレンドを楽に増やす方法

上記3つの方法の中で一番楽なのは何か?

それはズバリ【申請待ち】に尽きる。

 

ただしそれなりの場所を選ぶ必要があるだろう。

 

例えば、自宅密集地は避けた方が良いかもしれない。

リスト上位に表示されるアカウントならイイね!もつきやすいし申請も多いだろうが、下にいくほど見られなくなる可能性が高いからだ。

皆だってgoogle検索の2ページ目なんて滅多に見ないだろ?

 

おススメポイントを紹介しておく。

  1. ショッピングモール
  2. 空港・駅
  3. 観光名所

 

ショッピングモール

イオンなどショッピングモールは気軽に立ち寄れてDQWプレーヤーが集まやすいだろうな。

DQWプレーヤーの年齢層はアラサー・アラフォーのファミコン現役世代と10-20代のDQ9以降ネットゲーム世代に需要があると思うんだ。

だから、これらの層が集まりやすいショッピングモールは狙い目だ。

実際、地方都市のイオンに週末だけ引っ越ししてみたら10件以上の申請があったぞ。

 

空港・駅

連休であれば空港なんて狙い目だろうな。

プレーヤー数はモールより少ないかもしれない、様々な地域からの申請が期待できるだろう。

広い範囲でフレンドを作りたいときは羽田空港や東京駅で申請待ちをすると良いかもな。

 

観光名所

最後に観光名所だな。

これはお土産目当てで回っているプレーヤーをターゲットにした申請待ち場所だな。

もちろん、地元の観光名所に待機してもフレンドとのお土産交換が無駄になるだろうから、遠方の観光スポットが良いだろう。

プレーヤーネームでプレイ場所をアピールしても面白いだろうな。

 

今回はここまで!最後まで読んでくれてありがとう。

記事を読んで、『さっそく引っ越ししてみよう!』と思った方は↓のバナーをクリック!オラに元気をわけてくれ、次回記事を書くモチベーションをわけてくれ!

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村